FX

FX自動売買で稼ぐための基礎知識!おすすめFX会社の比較も。

FX自動売買稼ぐための基礎知識を解説します!

「自動で取引するFXって?」「あんまり良いイメージない」こんな考えを持っていませんか?

そんな疑問を現役トレーダーが解決します。

良い物から怪しい物まで溢れる自動売買。自信を持ってオススメする「自動売買のFX会社」もご紹介します。

こんな方におすすめ

  • FX自動売買ってそもそも何?
  • 裁量トレードと比較して自動売買はどう?
  • 自動売買を始めたいけど、どこを使えばいい?

FX自動売買とは?

FX自動売買とは、プログラムを使って自動で為替の取引を行う事。

その取引は、事前に設定された「売買ルール」いわゆる「アルゴリズム」に沿って機械的に行われます。

FX自動売買では、自身で売買ルールを作ってトレードする場合と、あらかじめ作成された売買ルールをベースにアレンジできる2パターンが代表的です。

FX自動売買と裁量トレードを比較

FXトレードでは、プログラムによって取引を行う「自動売買」自分自身で取引を行う「裁量トレード」があります。

私は裁量トレードをメインに行う、個人トレーダーです。

自動売買は、資産の一部を運用するため効率重視で取り入れています。

FXでは、自動売買が最強!裁量トレードこそ至高!と意見が分かれますが、どちらもメリット・デメリットを理解する必要があります。

FX初心者は特に、「自動売買」「裁量トレード」特徴を理解して最も効率良く稼ぐ術を覚えましょう。

特徴を知らないと、どちらを使っても余り利益を重ねられません。

FX自動売買のメリットとは?

メリット

  • 機械的に処理するから「圧倒的に回数がこなせる」
  • 私的な感情を抜いて、論理的にトレードしやすい
  • 裁量トレードと比較して、時間を必要としない

自動売買の最大の特徴「機械的なトレード」です。

そして、自動売買の特徴は「感情を抜いて」「トレード回数がこなせて」「時間が必要ない」3つのメリットを生みます。

裁量トレードでは、1回の取引当たりに必ず、チャート分析とトレードシナリオを考える必要があります。

そのため、自動売買の様に1日で何度も取引するのは困難です。

自動売買では、最初に売買ルールを設定さえすれば後はそれに沿って自動で繰り返しトレードを行います。

つまり、実質のトレードに使う時間は最初の設定だけで完結するのです。

副業としてFXを考えていて時間に限りがあるなら、自動売買のメリットは大いにあるでしょう。

FX自動売買のデメリットとは?

デメリット

  • 勝率と利益は「売買ルールに依存」
  • トレードスキルが育ちにくい
  • 突発的な動きに対処できない

自動取引だからこそのデメリットがあります。

売買ルールに沿ってFXトレードを行うため、勝つか負けるか基本的には売買ルールに依存します。

その売買ルールは、一定の法則で取引を繰り返すため自身のトレードスキルは不要ですが、その反面で自分自身のスキルが成長しづらい。

例えば、一定の値幅中で上下に動くレンジ相場では、同じ法則が何度も成立しやすく自動売買との相性も良い傾向があります。

このケースは、裁量トレードでは不可能なトレード回数をこなせる為、積み重ねで大きな利益を獲得可能です。

しかし、突発的な動きで法則が崩れた時。適切なリスク管理(損切りなど)が出来ていないと「大損」する可能性もあります。

初心者は公式のFX自動売買がおすすめ

  • FXを始めて間もない初心者
  • FXの経験はあるけど自動売買は初めて

そういった方には、私の経験からFX会社による「公式のFX自動売買」を強くおすすめします。

なぜなら、巷には詐欺まがいのFX自動売買ツールが溢れているからです。

私はSNS上で何度も、「自動売買ツールを試しませんか?」とメッセージを頂きます。

総じて「無料で」「勝率100%」「有名な○○が作った」など、飛びつきたくなるようなフレーズです。

酷い場合だと取引履歴の画像を送って過度な勧誘をするケースもあります。

上手いトレーダーや、優れた自動売買トレーダーは実績を公開せずとも話を聞けば分かります。

初心者なら、大きなビジネスチャンスと受け止めるでしょう。

非公式の売買ツールを使ってFX会社を利用するのは「不正行為」です。

そして、話の上手すぎる勧誘はキケン大損回避のためにも気を付けましょう。

【FX自動売買】おすすめFX会社を厳選3社

当サイトが初心者にも自信を持ってオススメできるFX会社3社をご紹介!

自動売買が苦手なトレーダーも納得の実力派をピックアップしました。

次世代のFXと言って過言ではない、優れたツールのFX会社です!

マネーパートナーズ

簡単さ レパートリー 拡張性

マネーパートナーズの自動売買

  • 無料とは思えない「本格派の自動売買」
  • ストラテジー(売買ルール)自分で作れる
  • 過去検証を自動化!即結果が分かる

自動売買を使うのに追加コストゼロ

ここまで優れたツールを無料で提供できるのが不思議。と現役トレーダーの私も驚いたのがマネーパートナーズの自動売買です。

具体的な機能としては、移動平均線を始めとするテクニカルツールをベースに、ストラテジー(売買ルール)を設定できます。

作ったストラテジーは、過去のチャート(価格の動き)からワンクリックで過去検証(バックテスト)が可能です。

本来は、難しいプログラムを作り、時間のかかる過去検証で「実際にトレードで使えるか?」を調べる必要があります。

しかし、マネーパートナーズでは面倒な一連の作業を全て省いています。

始めから自動売買を作成した時のメリットを残した上で、面倒を完全に自動化しているのです。

つまり、今の相場で利益が獲得しやすいストラテジー自由に作成できます。

設定済みの売買ルールから選ぶ他社の自動売買と比較して、求められる知識は上がるものの、拡張性の高さは魅力的です。

ポイント

将来的に自動売買をメインにFXを考えているならマネーパートナーズが私的ベスト!

みんなのFX (みんなのシストレ)

簡単さ レパートリー 拡張性
×

ポイント

  • どこよりもシンプルな自動売買
  • 初心者でも始められる使い易さ
  • ランキングから自動売買を選べる

みんなのFXのキャッチフレーズは「FXをもっとやさしく」

その言葉通り、みんなのFXで利用できる「みんなのシストレ」初心者でもカンタンに自動取引を始められます。

みんなのシストレは、母体である「みんなのFX」の登録が済めば同じ口座で利用可能

使い方もいたってシンプルなのが魅力です。

「みんなのFX」で活躍するトレーダーの取引を元に、24時間自動売買を行います。

  • 収益率
  • 合計損益
  • 取引回数
  • PF(ポートフォリオ)
  • フォロワー
  • セレクター

上記の6項目からランキング化されており、好きなトレーダーを選択するだけ!これで自動売買ができます。

実際に利益を出しているトレーダーの取引を、手軽に再現できるのが最大の特徴です。

ポイント

とにかく手軽に・簡単に自動売買をはじめるなら「みんなのFX」

外為オンライン

簡単さ レパートリー 拡張性

ポイント

  • トレンドに追従する自動売買「iサイクル2取引」
  • 豊富なマーケット情報
  • 無料セミナーで初心者も安心

外為オンラインによる自動売買で人気の「iサイクル2取引」

iサイクル2取引は、上と下の価格が決まったレンジ相場で連続で注文する仕組みです。

特徴的なのは、トレンドが発生した相場でもレンジ幅を繰り上げて追従すること。

一般的な自動売買では対応が難しいです。

価格のレンジを指定して自動取引するので、上抜けor下抜けした場合取引がストップします。

つまり、レンジ幅は同じでも上下限いずれかが変化すると機能しないのです。

iサイクル2取引では、トレンドの動きに対して自動で追従します。

売買するレンジ幅そのまま設定した投資金額と決済幅自動取引するので「レンジの予想幅が外れた・・・」こんな時も安心です。

最初の設定が手間にはなりますが、設定自体は簡単で初心者でも始めやすい

他にはない独自性のある自動売買です。

ポイント

一番や嫌なのは機会損失!レンジもトレンドも自動売買したいならオススメ!

FX自動売買選びの比較ポイント

FX自動売買の比較ポイント

  • 複数の売買ルールが選べる
  • 投資金額の設定ができる
  • 損切りや利食いなど設定ができる

FX自動売買の比較ポイント「拡張性」です。ベースの自動売買があり、その中を自分自身の好みや運用方針にそってカスタマイズできるか?これが最重要です。

なぜらなら、自動売買のデメリット・弱点は売買ルールに依存すること。

ケースバイケースで理想的な自動売買へカスタムする事で、この弱点を少しでも減らすのが狙いです。

【自動売買のポイント】複数の売買ルールで「比較&選択」

  • 移動平均線を基準にトレンドフォロー
  • ダイバージェンスを使った転換取り
  • 値幅を設定したサイクルトレード

自動売買の取引基準だけでも相当数あります。

多種多様な売買ルールから「利益率」「トレード回数」「獲得ピップス」などのデータから比較できる自動売買が望ましいです。

比較するのが多すぎて分からない?

それならランキング方式で簡単に比較できる自動売買のFX会社を選びましょう

人気の自動売買を提供するFX会社では、必ずと言って良いほどランキング方式を採用しています。

  • 獲得ピップス(獲得した値幅)
  • 利益率(元本の何%か)
  • 勝率(勝ちトレードの割合)

具体的にこれらの数字で優れている順番でランキング表示します。

これなら一目で何が期待できる自動売買か分かり易いです。

始めての自動売買なら、人気の売買ルールをベースに自分なりに設定を模索するのがオススメ!

【自動売買のポイント】投資金額の設定ができる

大半の自動売買では、その売買ルールを実行するのに推奨される投資金額(証拠金)があります。

推奨の投資金額を下限として、自動売買に自分の資産でいくらを投じるか選べる環境がベスト。

自動売買は、裁量トレード以上に効率の良さが大切です。

  • いくらの資金で
  • いくらの儲けが
  • どれほどの時間で得られるか

お金を預けてプログラムが運用するので、いわば第三者にお金を預ける投資とも言えます。

誰かに運用を任せるなら、最も良いパフォーマンスが発揮できる所に任せたいですよね!

【自動売買のポイント】損切りや利食いなど設定ができる

つまりは、リスク管理の設定具体的な数字で設定できるかです。

自動売買の比較ポイントでも重要な項目。一回のトレード当たり期待利幅想定損失に当たります。

この設定の重要性を分かりやすく解説すると

  • 【Aパターン】一回の注文当たり、利益が10pipsなら利食いする。損失が5pipsなら損切りする。
  • 【Bパターン】一回の注文当たり、利益が30pipsなら利食いする。損失が10pipsなら損切りする。

1度の勝利に対して、何度の負けが許容できるか考えます。

  • 【Aパターン】なら1回の勝ちトレードで利益10pips。つまり、2回の損失まではプラマイゼロで資産が減りません。
  • 【Bパターン】なら1回の勝ちトレードで利益30pips。つまり、3回の損失まではプラマイゼロで資産が減りません。

リスク管理の設定ができる自動売買なら、最終的に何勝何敗で資産がプラス収支で終えるか最低ラインを決められます。

どちらが正解か?実は決まった答えはありません。

なぜなら、利益が期待できるかは市場の変動幅によって作用されるからです。

変動幅を簡単に見るコツ「前日の変動幅」

変動幅を予想するには、テクニカル分析(チャートをみて市場を分析)するスキルが必要。

しかし、まだスキルに自信がない初心者向けの解決策もあります。

大まかな変動幅を予想できる、簡単な目安を1つご紹介しましょう。

前日の変動幅がいくらだったFX会社の「マーケット情報」に記載せれています。

もし、マーケット情報にない場合は前日の「ローソク足」で同じ情報を得る事が可能です。

確実に当日の変動幅と類似するとは言えませんが、FXの為替相場では「一定の規則性は一定の期間続く」習性が見られます。

ですから、前日・前期間の変動幅は大いに参考になるでしょう。

FX自動売買には2つのタイプ「選ぶタイプ」「作るタイプ」

自動売買ができるFX会社は、大きく分けて2つのタイプがあります。

  • すでに作られた売買ルールから選択する「選ぶタイプ」
  • 既定のテクニカルを軸に売買ルールを作成する「作るタイプ」

FX会社によって、独自の名前を付けて自動売買を提供しているので、種類が多すぎると感じるかもしれません。

しかし、細かい仕様は違えど大半は2つに分類できます。

ここでは初心者向けに、自動売買のタイプ別メリット・デメリットをまとめます。

「選ぶタイプ」の自動売買 メリット・デメリット

FX会社の提供する自動売買で最も一般的なのは「選ぶタイプ」です。

難しいプログラムの作成は不要。予め用意されている売買ルールから選択して自動取引!

シンプルで簡単に始められる特徴と、FX会社によって厳選された既存の売買ルールなので過去検証などは結果が共有されている場合も多いです。

過去検証は、売買ルールや手法などを過去のチャートで検証する事です。
にわとりFX
ぴよぴよFX
時間のかかる過去検証が済んでいると、予想結果がみれるね!

メリット

  • 既存の売買ルールから選ぶだけ
  • 大半は過去検証済み・結果が予測できる
  • 利益率や獲得pipsなど比較しやすい

デメリット

  • 新しい動きに対応しづらい
  • 細かい設定ができない
  • 売買ルールの基準がわかりづらい

難しい技術が不要なので初心者でも、自動売買のFX口座を作っていれば始められます。

その反面で、自分の技術で作った売買ルールではないので応用が利きません。

使っている自動売買が利益を出せない時、原因を見つけるのが難しくなります。

「作るタイプ」の自動売買 メリット・デメリット

選ぶタイプが初心者向けなら、「作るタイプ」玄人向けです。

前提として、専門的な技術が必要になります。

しかし、相場をみるテクニカル分析を使い、最適な売買ルールを自分で作成できるの強力な武器とも言えます。

意外に思われるでしょうが、機関投資家・ヘッジファンドなどプロの投資集団でも自動売買は主流となりつつあります。

メリット

  • 実際の相場に最適な売買ルールを作成できる
  • 新しい動きでも対応しやすい
  • 売買基準など細かい設定が出来る

デメリット

  • 売買ルール作成が難しい
  • 過去検証を自分で行う必要がある
  • 拡張性が高すぎて、戦術に迷う

「作るタイプ」の自動売買は敷居が高いデメリットがあります。

作り方とトレードスキルが備わっていれば、継続的に稼ぐ事ができますが道のりが大変です。

個人的にオススメするのは、FX会社の自動売買を上手に使いこなす事!

オリジナルの自動売買ではないものの、使い方次第では個人でも上手く利益を上げられます。

まとめ 自動売買は投資の最終形態

ポイント

  • 自動売買だからこそ、手数のメリットがある
  • 初心者はFX会社の自動売買がおすすめ
  • 自動売買でも定期的な分析が大切

今回は、「FX自動売買で稼ぐための基礎知識!おすすめFX会社の比較も。」のテーマでお送りさせていただきました!

近年では、マーケットに影響力がある機関投資家でもAI(エーアイ)を使って取引されているのが話題になっています。

同時に、私たち個人トレーダー・個人投資家でも簡単に「自動売買」が使える時代になりました。

自身のトレードスキルも大切ですが、収入源は複数確保した方が良い。

FXをするなら、自動売買を取り入れて「効率良く資産運用」もアリではないでしょうか?

-FX

Copyright© ぴよぴよFX , 2020 All Rights Reserved.