FX

FXのエントリーポイントを見つける方法。読めば劇的にレベルが上がる解説!

FXはエントリーポイントで勝敗が決まります。

言い過ぎだと感じますが、実際のところ深く考えてトレードしない人は勝てません。

では、勝つ為のエントリーポイントを見つける方法は何でしょうか?

現役トレーダーが具体的に解説します!読めば劇的にアナタのトレードが進化するかもしれません。

こんな方におすすめ

  • いつも何となく、エントリーポイントを決めている
  • 注文してから「上がれ!」と念じる
  • それなりに勝ってるのに、負けが勝る

エントリーポイントとは?

FXでポジションを持つ事をエントリーと言います。

ですから、エントリーポイントとはポジションを持つ時です。

期待できる利益、負けの損失はエントリーポイントが左右します。

なので、FXで「理想的なエントリーポイント」を見つける技術は勝つ為に必須と言えるでしょう。

必須項目ながら、FXを始める全てのビギナーが一番悩むテーマです。

また、残念な事にこれに関する情報を間違って理解している人は多い。

  • そもそも理想的なエントリーポイントの考え方を知らない
  • 見つけたが分からないから、負けやすいエントリーをしている

具体的に、当たり前のなのに根本的な問題を解決できている人は少ないです。

本記事では、実際のチャートを使い実践的な考え方・見つけ方を詳しく後述します。

総合バランスの良い所=エントリーポイント

ポイント

  • 決済ポイントが明確
  • リスクリワードが優れている
  • 予想の根拠が複数ある

エントリーポイントを判断する上で絶対に外せないポイントが3つあります。

重要なポイントを意識すれば、完璧なエントリーでなくとも圧倒的に負けを減らす事が可能です。

これら3つが総合的にバランスの良い所が「理想的なエントリーポイント」です。

個々の手法が違っても、必ず共通して満たす必要がある必須条件。

各項目が理解できなくても問題ありません。

初心者にも分かり易く、個別に解説していきます!

エントリー(入口)とイグジット(出口)はセットで考える

ポイント

  • 決済する場所を決めておく。
  • 利食い・損切りを明確に決める。
  • 損失を伸ばさない・利益を逃さない対策

エントリーポイントは、注文から決済まで明確に決めておきましょう。

トレードは常に、入口と出口を決めてトレードシナリオを組み立てます。

これが出来ていないと、想定外の動きが発生した際に対応できません。

初心者のエントリーポイント

  • 前に価格が上昇した! 【根拠が薄い】
  • 買ってみよう 【決済を考えない】
  • 「下がった時の事を考えていない」
ぴよぴよFX
これだけ上がったラインだし、買っちゃえばいいでしょ?
薄い根拠は、シナリオも当然なし!典型的な大損パターンです。
にわとりFX

こんなトレードをしていませんか?

買った場所から価格が上昇したとして、どこで利益を確定するかを考えていない。

下がった場合に、どこで損失を確定するかも考えていない。そんなトレードでは、仮に次の展開が予想できたとしても稼げません!

ぴよぴよFX
ああ・・・いつものボクだ。
負けた時も考えていれば、少なくとも損失は減らせましたね。
にわとりFX

このように「エントリーとイグジット」をセットで考えていないと、大損を招きやすいです。

今回は、価格の動きが予想に反して下がり、損切りポイントを考えていないため「損失幅を大きく伸ばす」結果でした。

勝てるエントリーポイントは誰でも探しますよね。

しかし、負けを減らすエントリーポイントは探す人が少ないです。

意外な所に勝てない盲点は潜んでいるモノ。勝てるトレーダーを目指す前に、負けにくいトレーダーになりましょう。

負けが減れば、勝ち数が増え、利益が残せますから。

【正解例】出入口が明確なエントリー

  • 利食いポイントが明確 【利益を逃さない】
  • 損切りポイントが明確 【損失を増やさない】
  • 「何が起きても、エントリー後に迷わない」

これが出来るだけでも、アナタのトレードは一気に質が上がります。

例えば、損切りポイントを決めていなければ「損失に耐える癖」が付きやすいです。

ここで決済する!と明確に想定していないので、どんどん自己都合で「まだ上がるかも」と先延ばしにします。

逃げ場所を作れば、次のチャンスを狙えますし、負けても損失額は一定です。

FXで稼げるチャンスは無限にありますが、雰囲気でトレードするとチャンスを生かせません。

リスクリワードは必ず考える

ポイント

  • 最初は目標金額を設定すべき
  • 常にリスクは限定化
  • リワードは極限まで求める

リスクリワードを考えてトレードしていますか?

損失額をリスク、利益額をリワードです。FXでは、リスクリワードのバランスが非常に大切!

これを意識できていると思っていても、利益が増えない人もいませんか?

実は、多くのメディアで語られる「損失は資金の20%まで」なども誤解の原因です。

FXでは、状況次第でもっと損失を抑えて、エントリーポイントを見つけられます。

本来は20%もリスクが不要なのに、無駄に損切りまで余裕を持たせる。

結果として、後の利益から差し引かれている悲しい事実があります。

目標設定を最初はすべき

例)証拠金が100万円で、ドル円をトレード

【目標金額】

毎月10万円の利益

【何回勝てば良い?】

リスクリワード 等倍1:1

  • 1lot(1万通貨) 1回のトレードで10lot 利益幅20pips「利益2万円」 損失幅20pips 「損失2万円」
  • 必要な勝ち数 10回 一回の負け=1回分の利益が消える

リスクリワード 1:2

  • 1lot(1万通貨) 1回のトレードで10lot 利益幅40pips「利益4万円」 損失幅20pips 「損失2万円」
  • 必要な勝ち数 3回  1回の勝ち=2回分の負けで消える

リスクリワードの割合が違うだけも、目標までのトレード回数は減ります。

そして、リワードが高いトレードほど「負けても資産がノーダメージ」になる回数が激増です。

FXでは、毎回必ず勝つ事は熟練トレーダーにも難しい。

しかし、リスクリワードをコントロールして上手に利益を残す事が出来ます。

損失のリスクを許容するのは、負けを受け入れたくない気持ちが反映された結果です。

同時に、余計に勝ち数を増やさないと利益が残せない、難しい状況を自身で作ってしまいます。

手法や法則以外の根拠も大切

エントリーポイントを決定する根拠は、複数あるに越した事はありません。

なぜならFXでは、世界中で沢山の投資家やトレーダーが取引を行います。故に、皆が同じ手法や法則を使って取引をしません。

複数の根拠がある=同じ考えの人と合致する

大きな市場ですから、最も利益が乗るのは多数派によって一気に同じ注文が入った時です。

どんなポイントが良いのでしょうか?具体的に解説します。

長期足と短期足の重なるエントリーポイント

  • 月足で分析できる「ディセンディングトライアングル」
  • 月足=週足・日足でも分析できる
  • 「長期足の方が優位性が高い」
「ディセンディングアングル」とは、下がる時に見られやすい下向き三角形のチャートパターンです。
にわとりFX

最も分かり易く、優位性が高いのは長期足で分析できるエントリーポイントでしょう。

例えば、歴史的な暴落となった「アップルショック」も、実はテクニカル分析で予兆がありました。

FXにおける実践的なテクニカル分析の基礎

月足レベルの長期足(時間の長いローソク足)で見えるエントリーポイント。

それは、短期足でも明確に見られやすいです。

つまり、長期足を見て取引するトレーダーと、短期足を見て取引するトレーダー同一方向にポジションをエントリーする事になりますね。

前述したとおり、同じ方向の注文が入ると一気に値動きは加速します。

事実、アップルショックでは一瞬で5円以上の大暴落を発生。

私自身も、普段なら1か月分の利益を数分で獲得できたので、「絶好のエントリーポイント」だったと思います。

天井と底は結果論。狙うのは「初動」

「ここが底値!」「今が天井!」とエントリーポイントを決めた経験はありませんか?

もちろん、底値や天井圏を狙う事、それ自体は間違いではありません。

しかし、アナタは何を基準として「底値」「天井圏」を判断するのでしょうか。

多くの人は、その後の値動きが起こってから底値、天井と確信を持ちますよね。

例えば、下降トレンド中に高安を切り上げてから「上昇トレンドに転換した」と言えます。

「頭と尻尾はくれてやれ」有名な相場の格言です。

事実上、トレンドが転換してから頭と尻尾は確定します。確定するまでは、予測ポイントに過ぎません。

しかし、経験とスキル次第でトレンド始まってすぐの「初動」を狙う事は可能です。

初動は最も優れたエントリーポイント

  • 長期足の下降トレンド中

【赤枠】上昇トレンドを示唆させるパターン「ダブルボトムを形成中」

  • 短期足

【白線】持ち合い相場中 アセンディングトライアングルを形成中

ダブルボトムとは、2回の同じ安値を付けて上がるチャートパターン
にわとりFX

初動を意識したエントリーポイントを解説します。

例えば、上のチャートで【水色のライン】でエントリーを検討。利益確定は【緑】損失確定は【赤】と計画したトレードです。

ご覧の通り、損切りまでが短く(損失が限定)、利食いが長い(利益が伸ばせる)なので理想的と言えますね。

これは、フラクタル構造と言われる法則を使って見つけられます。

【フラクタル構造とは?】

フラクタル構造とは、一言で説明するなら「大は小を兼ねる法則」です。

例えば、長期足で上昇トレンドの値動きをしていると、短期足で小さな押し目パターンが観察できるなど。

長期足で一時的に上昇トレンドが逆行しているなら、短期足では下降トレンド→転換して上昇トレンドのサイクルというのがフラクタル構造です。

フラクタル構造を使うと、チャートパターンが成立するよりも早くエントリーできます。

例えば、長期足のダブルボトムが成立するのは「中央の高値」を抜けた時です。

単に、中央高値だけを分析していては気づくことができません。図のチャートでは、短期足で分かる上向きの三角形が見えてきます。

これは、上昇に対する押し目(上昇中に見られる安値)と判断材料です。

ですから、短期的には既に上昇トレンド中「このまま上がる」と予想できるできますね。

初心者には難しいかもしれませんが、色々な時間足で分析する「マルチタイムフレーム」が上達するには大切です。

まとめ エントリーポイントでFXが変わる

今回は、「FXのエントリーポイントを見つける方法。読めば劇的にレベルが上がる解説!」のテーマでお送りしました!

エントリーポイントは総合バランス!

  • 始めと終わりの計画
  • リスクリワード
  • 初動とエントリー根拠

何か一つが欠けていると、理想のエントリーポイントは見つけられません。

難しいですよね。

でも、たったコレだけでも勝ちやすくなるのです。私の場合がそうでした。

色んな手法、色んなFX教材を読んでも「ビックリするほど勝てない」そんな初心者時代。

結局のところ、実際に注文ボタンを押す前が大切なんです。

-FX

Copyright© ぴよぴよFX , 2020 All Rights Reserved.