FX

【FXの取引時間とは?】時間帯によって市場の特徴や攻略法も解説!

今回はFXの取引時間について解説します!

FX日中は働くサラリーマンでも、家事に忙しい主婦さん誰でも始められる投資です。

しかし、取引時間によって特徴があるって知ってますか?

実は、時間帯によって効率の良いトレード方法が違うんです。そして、夏と冬で取引時間も微妙に違ったります。

意外とFX初心者が知らない「FX取引時間のヒミツ」教えちゃいます!

こんな方におすすめ

  • FXって何時までできるの?
  • 取引時間の特徴とは?
  • 夜にFXをすると、一気に動くのは何故?

 

 

FXの取引時間とは?

FXの取引時間は、平日24時間です。

しかし、細かく言うと土曜日の早朝までは取引できます。

  • 月曜日の午前7時~土曜日の午前7時 【冬時間】
  • 月曜日の午前6時~土曜日の午前7時 【夏時間】

各市場の時差と、米国の夏時間でFXの取引時間は変わります。

夏時間と冬時間の切り替えや、細かい注文受付時間はFX会社によって違うので注意しましょう。

【例:DMM FXの場合】

  • 夏時間 3月第2日曜日 ~ 11月第1日曜日
  • 冬時間 11月第1日曜日~ 3月第2日曜日

土日も実は市場は動いています

為替の市場は、実は土日も動いています。

中東の一部地域では、土日休みではなく、金曜日が休みです。

その為、日曜日も取引できる金融機関が存在します。

ごくわずかな取引量なので、基本的に変動はほとんどありません。

しかし、機関投資家など大きな取引があると、急変動するケースもあります。

月曜日の窓開けに注意

土日の間に、大きな経済ニュースなどが影響し月曜日に「窓」が発生します。

とは、チャート上に空白ができる現象です。

急激に価格が変動すると窓は発生します。

  • 土日に唯一取引できる中東市場で大きな取引
  • 土日の間に突発的なニュース

このような原因から、注文が殺到して月曜日の早朝は窓が発生しやすいです。

土日分のスワップポイントについて

通貨同士の金利差がポジションに付与されるスワップポイント。

土日もスワップポイントは発生しています。

しかし、取引時間外の休日に付与されません。

FX会社によって決まった曜日に、まとめて数日分が付与されます。

FX会社のスワップポイント比較!金利で稼ぐ方法は?

引用:https://fx.dmm.com/fx/service/swapcalendar/

上の画像は、DMM FXのスワップカレンダーです。

付与日数」と書いてある数字が、4なら4日分のスワップポイントが付与されます。

ポジションを4日間持っている必要はありません。

その日の取引時間が終わった時に、ポジション保有中なら付与されます!ちょっとした豆知識です。

FX会社別 取引時間まとめ

FX会社の取引時間を一覧表にまとめました。

取引開始から取引終了時間に空白の時間があります。例えば、DMM FXなら午前5時50分~午前7時までの1時間10分です。

  • スワップポイントの付与
  • 追証に関する証拠金の判断

その時間に上記の作業がFX会社によって行われます。※FX会社ごとにルールは違います

追証は証拠金が不足している場合に、入金が必要になる事です。

詳しくは以下の記事で解説しています。

FXでは強制ロスカットに注意!適切なリスク管理が成功のコツ。

FX会社別 取引時間 夏時間バージョン
DMM FX 午前7時 翌午前5時50分
GMOクリック証券 翌午前6時
FXプライム 翌午前5時50分
マネーパートナーズ 翌午前5時50分
みんなのFX 翌午前5時40分
外為オンライン 翌午前5時55分
外為ジャパン 翌午前5時50分
ヒロセ通商 午前6時から 翌午前5時

 

FX会社別 取引時間 冬時間バージョン
DMM FX 午前7時 翌午前6時50分
GMOクリック証券 翌午前7時
FXプライム 翌午前6時50分
マネーパートナーズ 翌午前6時50分
みんなのFX 翌午前6時40分
外為オンライン 翌午前6時55分
外為ジャパン 翌午前6時50分
ヒロセ通商 翌午前6時

時間帯によって特徴があります

FXは24時間取引できます。

なので、時間帯によってメインの市場が違い、価格の動き方にも特徴があるのです。

時間帯によって、取引量が違うので価格の動きにも変化が起こります。

取引量の目安

米国時間>欧州時間>東京時間>オセアニア時間

初心者向けの特徴を取引時間別にご紹介します。

※日本の時間で解説します。

オセアニア時間(オーストラリア市場)

ポイント

  • オセアニア時間は午前6時~8時まで
  • 取引量が最も少ない
  • 急変動に注意

オセアニア時間は、ニュージーランドやオーストラリアの市場が開いている時間です。

取引量も少ない反面、ニュージーランドの通貨ペアで指標発表があると大きく変動しやすいと言えます。

普段は価格変動が落ち着いていますが、週明けと指標時に急変し、スプレッドが開きやすい特徴がみられやすいです。

東京時間(アジア市場)

ポイント

  • 東京時間は午前8時から午後3時まで
  • 取引量はやや少な目
  • クロス円が活発になりやすい

日本人を含む、アジア圏で取引が活発になるのが東京時間です。

取引量は比較的少なめですが、クロス円が動き出します。

クロス円とは、ドル円ポンド円など日本円と外貨の組み合わせです。

日本の株式市場と取引時間が似ています。

その為、大手日本企業の決済日と関連付けて値動きする特徴がみられやすいと言えます。

配当を含む決済によって、ドル買いがされ海外の投資家へ支払う流れる特徴も覚えておくと良いでしょう。

欧州時間(ヨーロッパ市場)

ポイント

  • 欧州時間は午後3時から午後9時まで
  • 取引量が多め
  • 欧州通貨が活発になりやすい

欧州時間は、2番目に大きいヨーロッパ市場の取引時間です。

特に17時~18時にかけて取引量が増え、価格の変動幅も大きくなります。

その時間帯で大きく動くものの、一時的な上昇・下落で動きやすいと言われています。

実際に、ヨーロッパ現地では昼休憩の時間が19時頃です。

なので19時目安で価格が落ち着きやすい傾向があります。

いわゆる「ダマシ」が見られやすいのも欧州時間の特徴です。

ダマシとは、一時的に価格が逆方向に動く現象を指します。

米国時間(ニューヨーク市場)

ポイント

  • 米国時間は午後9時から翌朝6時まで
  • 取引量が最も多い
  • 全体的に活発に動く

米国時間は、取引量が最も多いニューヨーク市場が動く取引時間です。

大きな価格の動きが起こりやすいです。

その反面、スプレッドが開きやすい取引時間とも言えます。

特に指標発表時は、急変動も起こりやすいのでFX会社によってはスプレッド原則固定の時間からハズれている場合もあります。

価格が動く=利益も期待できます。しかし、日本時間では翌朝までの時間帯なので副業・兼業でフルタイムの取引は難しいです。

なのでオーバーナイト取引が人気です。

オーバーナイトの名前の通り、米国時間入りでポジションを持ち、翌朝に決済するという取引方法です。

午前6時を回ると、スワップが反映されるのでマイナススワップが低いFX会社を選ぶのもポイントです。

時間帯別でFXは攻略しよう

アナタの生活スタイルに合わせて、取引時間を選ぶのも重要です。

例えば、私は時間帯によって取引方法を分けています。

人によって向き不向きもあるので、取引時間別に私的なオススメトレードをご紹介します。

オセアニア時間

オセアニア時間は、日本では早朝になります。

  • 価格の変動が大きい時
  • 価格の変動が小さい時

この違いが両極端なのがオセアニア時間です。

トレードで狙いたいのは、週明け月曜日のオセアニア時間になります。

スキャルピングで一瞬の動きを狙うのがベターだと思います。

重要なポイントは「早めの決済」です。

月曜日の早朝は相場が荒れやすいので、無理にポジションを持ち続けるのはリスクが高くなります。

また、注文が通りにづらい時間帯なので約定率の高いFX会社がオススメです。

【マネーパートナーズ】東証1部上場のFX会社!その評判と実力は?【まとめ】

東京時間

東京時間は、価格の変動幅が狭いのでスキャルピングが私は好きです。

稀に、東京時間でも変動幅が大きいケースもあるので注意しましょう。

あくまで、柔軟に対応するのがコツです。

変動幅が狭い=スプレッドが狭いFX会社が有利に取引できます。

欧州時間直前になると、急変動も多いので決済はそれまでにしたいです。

欧州時間

欧州時間は17~18時前後に大きく動く傾向があります。

大きくとは言え、その日の東京時間以上の動きが目安です。

米国時間までに決済するデイトレードが主体で私は取引します。

なので、おそくとも21時までに決済したいです。

欧州時間=米国時間にかけて、徐々に外貨同時の通貨ペアも動き始めます。

米国時間

米国時間は、価格の動きが大きいのでスプレッドが開きやすいです。

原則固定のスプレッドから、過度に開かない約定力の高いFX会社を好んで使います。

翌朝のアセアニア・東京時間で決済するオーバーナイト取引が多いです。

もしくは、深夜0時頃までを目安にデイトレ・スキャルピングを行います。

私自身は、仕事の合間にFXをする兼業トレーダーなので米国時間の取引が多いです。

例えば、帰宅後に落ち着てFXが出来るのは20時~24時目安になります。

米国時間は、動きも大きいので4時間でも意外と利益は期待できます。

FXで稼ぐ!ここでしか聞けないデイトレードの極意

まとめ 取引時間でFXはトレードが変わる

今回は、「【FXの取引時間とは?】時間帯によって市場の特徴や攻略法も解説!」のテーマでお送りしました。

この記事をまとめると

  • FXの取引時間は月曜朝~土曜朝まで24時間
  • FX会社によって取引時間は微妙に違う
  • 時間帯によってメイン市場が違い、特徴がある

FXは「取引時間は平日24時間で、時間帯によって特徴がある」こんな内容でした。

どんな投資商品でも、価格と時間は非常に重要な要素です。

例えば、「○○円は何年ぶりの高値」「○○年以来の暴落」など価格だけではなく、時間の考え方が加わるとイメージが違いますよね。

実際に日本株式が5と10の付く日付に決算が多い為、ドル買いが意識されやすいです。

-FX

Copyright© ぴよぴよFX , 2020 All Rights Reserved.